PH計
スポンサードリンク

 水質測定器 エコペーハー(pH計)
スポンサードリンク

新品●デジタルPH計*PHメーター:ペーハー計

PHとは

PH計について詳しいという方はいらっしゃるでしょうか。PH計とはその名称からもだいたい想像はできますが、PHを測定するための器具です。しかし私は普段の生活の中でPH計が必要になる場面にはまだ遭遇していませんし、なかなか普段からPH計を頻繁に使用しているという方はいらっしゃらないのではないでしょうか。
もちろん趣味や仕事でPH計を普段から頻繁に使用しているという方も少なからずいらっしゃるとは思いますが。
そもそもPH計で計測するPHとは一体どういうものなのでしょうか。「お肌のPH値」とか「食生活のPH」などという風に、私たちの生活の中にも既に「PH」という言葉が身近に使用されています。また、リトマス試験紙を使ったPHの実験を、小学校の理科の時間にしたことを憶えているという方も多いことだと思います。
PHとは水溶液の性質(酸性・アルカリ性)をあらわす単位になります。長さをあらわすのにメートルという単位がちょうど存在するように、水溶液の性質を知るために PHは必要な単位ということになります。

 マーフィード 水質測定器 エコペーハー(pH計)   SATO-KポケットタイプpH計SK-630PH

酸性とアルカリ性

例えばレモンのしぼり汁をなめてみますと「すっぱい」という味がすると思います。また、石けん水は、ヌルヌルした手触りで、 なめてみると少し「にがい」味がすると思います。いま、このレモンのしぼり汁に青色のリトマス試験紙を浸すとしましょう。リトマス試験紙は赤色になります。
石けん水に赤色の試験紙を浸してみましょう。リトマス試験紙は青色になると思います。
レモンのしぼり汁はリトマス試験紙が赤くなったので酸性ということです。リトマス試験紙が青くなった石けん水はアルカリ性ということです。つまり、PHとは、このような酸性か、はたまたアルカリ性かという水溶液の性質の程度をあらわす単位になります。
普通の水のPHは7だそうです。これを中性といいます。これより低いPHを酸性、高いPHをアルカリ性と呼ぶのだそうです。小学校のとき習いましたよね。
PHの測定は、物質の化学的性質を解き明かすという点からとても重要です。水を扱うほとんどの工業や公共の機関はたまた農林水産関係、さらに生物医学の方面まで、さまざまな分野でPH測定がおこなわれているのだそうです。
たとえば繊維であれば、汗など外的な要因に対する耐久テストなどで、繊維がいたみやすかったりですとか、切れやすかったりしてしまうという条件を避けるためにPH測定が行われます。
小学校のときに習ったPHが実は私たちの生活の様々な分野で実は重要視されていたんですね。新たな発見でした。

PH計